人気ブログランキング |
タグ:設計 ( 37 ) タグの人気記事
竣工引渡し
b0032444_10015389.jpg
水平線の家

水平線の家は先週末に無事お引き渡しを完了しました。
2016年末の基本計画着手から約2年半。熱意のあるクライアントとの楽しく密度の濃いやり取りを経て、設計者の難しい要求にもしっかり答えてくれた工事担当者と各業種の技術者たちの協力のおかげで品質の高い建築が完成。クライアントにも大変よろこんでいただくことができました。

Pixcel Craftsman 川口さんに撮影していただいた写真もどれも秀逸で、こちらも順次H
P等に掲載してきたいと思っています。

b0032444_10023606.jpg
竣工写真はPhoto Pilica 中村さんにお願いしドローンによる空撮を行いました。

ドローンを使
った建物診断も行っている中村さんは初めての撮影地でもこちらの意図を汲んで手際よく魅力的な静止画、動画を撮影していただきました。イメージセンサーの大きなプロ用のドローンはやはりいいです。Lowデータで記録できる点も魅力的です。

次回はドローンを使って富士山をバックに家族写真の撮影
もお願いしたいと思っています。


by TAPO2003 | 2019-03-12 10:21 | 今日の仕事
竣工へ向けて
b0032444_08195501.jpg
水平線の家

竣工まで残すところあと10日となりました。工事もいよいよ最後の工程に入って内装ではクロス張りに設備機器の据付作業、仕上塗装の作業が進んでいます。外部では雨落の砕石敷き作業と整地作業が進んでいます。

今回は竣工写真の下見を兼ねて早朝から夕暮れまでの間現場で刻々と移り変わる風景を観察していました。この写真は早朝、日の出前の東の空が赤く染まった瞬間です。
b0032444_08211056.jpg
こちらの写真は夕暮れ。水平線に夕陽が落ちていく瞬間をリビングダイニングから撮影しました。
遠州灘の絶景の中に建つこの住宅は、地球のゆっくりとした時間の流れを感じることの住宅でもあることがよくわかりました。

by TAPO2003 | 2019-02-26 08:32 | 今日の仕事
大判タイル張り
b0032444_16511224.jpg
水平線の家

待つこと数ヶ月。やっとイタリアから入荷した90cmx15cmの大判の床タイル張りの施工状況の確認。寸法精度も高くきれいに目地が通っています。

リビングダイニングの部分は間接照明部分を除いて天井のボードも張られ、完成形に一段と近づいてきました。
b0032444_16511323.jpg
職人さんの大判タイル張りの様子。コンクリート平板風のテクスチャーを持った磁器質施釉タイルです。温水式の床暖パネルの上に敷いた捨て張りの合板に接着張りしていきます。微妙な位置、不陸の調整はゴムハンマーで叩いて調整しています。

熱容量の大きい磁器質タイルと温水式床暖房の相性は大変よく、温度むらの無い床面と赤外線で優しく身体をあたためてくれます。

by TAPO2003 | 2019-02-04 16:59 | 今日の仕事
内装工事
b0032444_10261434.jpg
水平線の家

リビングダイニングとガラス張りのバスルームの間にあるバルコニーからの眺めです。この日も快晴でしたが、この時期のこの地域特有の風速10mくらいの強い西風が吹いています。

新年になって初めての監理検査。内装工事も佳境に入り、床暖房、壁と天井のボード張りの作業等が進行中です。天井裏の空調設備機器の設置も完了し、昨年末の指摘事項の是正内容もあわせて確認していきます。

来週からはイタリアからやっと入荷した床の90センチx45センチの大判タイル張りの作業もはじまります。
b0032444_10261467.jpg
1階エントランスからの風景。

右側にはゲストルームの入口。左側には住居部分の入口が配置されています。切り取られた海の景色が印象的な空間となります。

by TAPO2003 | 2019-01-22 10:38 | 今日の仕事
本年度最後の監理検査
b0032444_11590728.jpg
水平線の家

外部足場が解体されてリビングダイニングからの遠州灘の景色もクリアになりました。大工さんが設置した作業台がいい具合で、しばらく腰をかけて景色を楽しませていただきました。

本年度最後の監理検査は天井、壁のLGS設置状況、乾式二重床の施工状況、給排水設備、空調換気設備の施工状況の確認です。天井や壁の中に隠れてしまう設備は、設置方法により性能を左右するものも多く、特にエアコンのダクトの設置方法にはしっかりと確認していきます。
b0032444_11591221.jpg
南面ファサードも足場の解体で外部から見れるようになりました。

かなり気を使ったサッシの納まりと構造担当者の苦心の作であるフラットバーの柱もクリヤーな視界を確保するための重要な要素となっています。

by TAPO2003 | 2018-12-29 12:11 | 今日の仕事
断熱材と軒天ボード張り、設備配管の確認
b0032444_17225998.jpg
水平線の家

この日は雲ひとつない快晴。室内から遠州灘の水平線がくっきりと見えました。内部の現場発泡硬質ウレタンフォーム断熱材と外部軒天のボード張り及び設備配管、配線類の施工状況の確認を行いました。

今回の計画では省エネルギー性に関する基準(断熱等性能等級4)同等の断熱性能を確保するように性能設定を行っています。アクアフォームNEOという今回採用した現場発泡硬質ウレタンフォーム断熱材は熱伝導率の規格値が0.026W/m・K以下という高性能な製品で、露出断熱の屋根裏にも補強断熱を行っています。
b0032444_17230493.jpg

軒裏のボード張りも順調に進んでいます。先日の台風の教訓から下地は強固に、ビスのピッチもかなり細かくなっています。

来週からは外壁の塗装作業も始まり、来月中旬の外部足場の解体へ向け外装の作業も佳境に入っていきます。


by TAPO2003 | 2018-11-27 17:28 | 今日の仕事
断熱材吹付けと軒天下地
b0032444_09102066.jpg
水平線の家

寒冷前線が通過にともなって天気が急変する予報だったので朝一番に現場に到着。工事担当者と前回以降の作業内容の確認を行いました。

メインはデッキ下部と外壁の現場発泡ウレタンホームの施工状況と軒天の下地、設備配管の設置状況など。外装の作業もいよいよ仕上段階で、年内の外部足場解体へ向け作業が進んでいます。

来週からはいよいよ内部仕上工事も本格的にはじまります。

by TAPO2003 | 2018-11-12 09:20 | 今日の仕事
ガラス取付と屋根防水の再施工
b0032444_15320616.jpg
水平線の家

台風24号による被害の復旧も終わり、現場は作業を進めています。
大きなペアガラスがサッシに取付けられ、外壁の水切などの金物の取付や屋根鼻隠しのケイカル板貼りが進んでいます。内部も1階の木床下地の施工が終わり、ピット内の給排水設備工事が進んでいます。

台風の強風で破損した屋根のシート防水は、耐風圧の基準風速を沖縄と同等の46m/sにまで上げ、固定金物のピッチを細かくすることで対応しています。
b0032444_15315598.jpg
こちらは浴室となる部分からの遠州灘の眺め。
3.5mx2.4mの大きさのガラスは耐風圧の関係で12+A12+12の厚さのあるペアガラスなのですが、ガラスの厚さによる視界の変色を心配していましたがそれほどでも無いことがわかり一安心です。

数度の大きな台風と長雨の影響で遅れ気味の工事工程ですが、しっかりとした品質と性能を確保しつつ工事担当者と協力して円滑に工程を進めていけるように努力したいと思います。

by TAPO2003 | 2018-10-27 15:46 | 今日の仕事
台風24号の被害
b0032444_09030081.jpg
水平線の家

台風24号の通過は静岡県内に広範囲にわたる停電をもたらし、強風による甚大な被害をもたらしました。残念ながら進行中の御前崎の住宅の現場においても強風により屋根のシート防水と断熱材が破損する被害を受けました。

御前崎のアメダスによると瞬間最大風速は46.8m/s、平均風速は32.1m/sを記録したそうです。観測点は内陸の市街地に位置しているので、海岸線に近い計画敷地においてはさらに強い風にさらされていたことが予想されます。

現地での調査により、建設中の建物は不運にもガラスが入る前の開放型の構造状態であったことで、デッキプレート下部の隙間から防水層下部に強風が侵入し想定の約1.5倍を越える風圧力がかかり、さらにシート防水層のフラッタリング(ばたつき)により固定金具が変形しシート防水層が破断したことが要因であると判断されました。

対策として設計風圧を32m/s→36m/sに上げ固定金具の箇所数を増やし、さらに断熱材とシート防水層の設置に接着剤を併用することでフラッタリングを防ぐことをメーカー、工事管理担当と検討しています。
b0032444_09030046.jpg
幸いにも取付が完了したばかりのサッシと外壁の押出成形セメント板にはまったく異常がありませんでした。

遠州灘を見渡す高台の絶景地ならではの厳しい自然条件。さらに今年は台風の上陸数も多く雨続きで工事担当者も苦労していますが、今後も引き続きサポートをしつつ慎重に工事監理を進めて行きたいと思います。

by TAPO2003 | 2018-10-05 09:07 | 今日の仕事
スラブコンクリート打設、屋根露出断熱防水工事
b0032444_13424088.jpg
水平線の家

心配された台風21号の大きな影響も無く、作業は順調に進んでいます。1階、2階のスラブコンクリートの打設も終わり、外壁の押出成形セメント板の下地工事が始まっています。静岡県条例による基準風速32m/sと風の強い立地条件を考慮し、押出成形セメント板とアルミサッシの取付下地となる補強材は、構造担当者と慎重に検討の上部材のメンバーと配置を決定しています。
b0032444_13423392.jpg
広大な面積の屋根はシート防水の作業の真っ最中です。最新の省エネ基準に適合する10cmの厚さの押出法ポリエチレンフォームをデッキプレート上部に設置する露出断熱防水工法を採用しています。屋根も壁同様、風圧による大きな負圧がかかるため、断熱材と屋根材を機械的に固定するディスクを細かいピッチで設置しています。

来週はいよいよ外壁の押出成形セメント板の取付、そしてアルミサッシの取付へと重要な工程が続きます。風雨による影響無く順調に作業が続くことを祈っています。

by TAPO2003 | 2018-09-20 14:01 | 今日の仕事



杉並区、浜田山で住宅や別荘などの設計・監理、インテリアや家具のデザインを中心に活動する建築設計事務所です。
by tapo2003
LINKS
カテゴリ
全体
今日の仕事
建築
省エネルギー化計画
旅先の風景
Motoring Days
Bossa Nova
なんとなく
温泉通信
家庭菜園
食道楽
雑貨
山歩き
Cycling
Moblog
音楽
展覧会
最新の記事
竣工引渡し
at 2019-03-12 10:21
竣工へ向けて
at 2019-02-26 08:32
大判タイル張り
at 2019-02-04 16:59
内装工事
at 2019-01-22 10:38
新年明けましておめでとうござ..
at 2019-01-08 08:55
新年もよろしくお願いいたします
at 2018-12-29 12:23
本年度最後の監理検査
at 2018-12-29 12:11
断熱材と軒天ボード張り、設備..
at 2018-11-27 17:28
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧