3500kmの風景 5
b0032444_1613488.jpg
釧路でやっと例年並の水揚げに戻った旬の秋刀魚を堪能した翌日、釧路から海沿いの道道142を東へ。さらに厚岸から道道123と繋いで知床峠を越えウトロまでの行程です。

北大西洋シーサイドラインと呼ばれる海岸線沿いのコースは、緩やかな起伏が連続し、原生林の中を越え熊笹に覆われた開けた台地を下り、小さな集落を抜けるといったような変化に飛んだ風景や展開していくお気に入りのコースなのです。

写真は、道道123号の琵琶平展望台から見た霧多布湿原の遠景。入り組んだ湿原の水際にも集落が広がっています。



b0032444_162479.jpg
同じく琵琶平展望台から太平洋方向を見た風景。風も無く穏やかな早朝。すれ違う車も本当にまれで、牧草地を渡ってくる風がいい香りを運んできます。

景色を眺めながら昨日コンビニで買ってきたパンと冷めた缶コーヒーで簡単な朝食。この日もこの時期では考えられないような暖かい朝で、まだ木々や草花が青々としていました。
b0032444_1634249.jpg
これぞ北太平洋シーサイドラインといったような風景。毎年通るコースで気持ちのいいカーブと風景を手繰り寄せるべくついついペースが上がってしまい、あっという間に根室への分岐がある厚床へ着いてしまうので、今回は極力ペースを抑えて景色を楽しむための小休止を繰り返してみました。
b0032444_1635690.jpg
根室、納沙布は今回はショートカット、厚床から国道244号をひたすら北上、羅臼で今年初めてのイクラ丼で昼食を済ませた後、雲に覆われた知床峠を越えウトロへ。

何度も訪れている知床なのですが、意を決して今回初めて観光船に乗ってみました。トンネルの手前でチケットを買い港へ着くとちょうど出発5分前。あわてて乗船口へ向かいました。
b0032444_16415100.jpg
残念ながら10月に入ると知床岬までの航路はすでに終わり、この日はカムイワッカの滝の沖合いで引き返してくる1時間30分の硫黄山コースです。船内に入ってびっくり、団体ツアーの高齢の方々で一杯、やっと居場所を見つけた上部甲板も笑ってしまうほどの大騒ぎ。

極力意識を景色に集中していると、雲で覆われていた知床連山も顔を出し、濃いブルーの海に描かれた航跡の白が際立っていてコントラストが美しい。ちょっと前まではバイクでアプローチでき、滝壺の温泉を楽しめたカムイワッカの滝ですが、現在は通年一般車両は通行禁止です。海から見る滝はやはり遠く、なんとなくさびしい気分で再び港へ。
b0032444_1643062.jpg
この日の宿は岩尾別温泉ホテル地の涯です。その名の通りカムイワッカへ向かう最奥に位置する宿で、羅臼岳への登山口にもあたり人気の宿なのですが、なぜか前日のじゃらんで予約がとれました。

思った以上に立派な外観、なんと部屋には冷房も完備されていました。ことさら暑かった今年の夏はずいぶん活躍したそうです。夕食をいただいた広間にも見たこともないエアコンが吊られていました。館内の電力すべてを自家発電でまかなうというのだから驚きです。
b0032444_164532.jpg
部屋に荷物を置き、早速温泉へ。まずは無料で入れる三段の湯と滝見の湯へ。写真は三段の湯ですが、ご覧のように苔むした岩にうがかれた小さな穴が段状に並んでいて、それぞれ大人二、三人が入れるくらいの大きさです。

誰もいない静かなお湯に浸っていると、遠くでエゾ鹿の鳴く声が聞こえてきます。熊は来ないとフロントの青年から聞いてはいたのですが、深い森の向こうがガサガサいったりするとその都度振り向いて安全を確認する始末。温めのお湯なのでゆっくり浸ることができるのですが・・・
b0032444_166636.jpg
気を取り直して館内のお風呂へ。内風呂からきれいな露天風呂へ。こちらは加温してあるのか、ちょっと熱めのお湯です。周囲にはしっかりとした柵も設置されているので、こちらは気分的にも安心して入浴することができました。

それにしてもこちらのお風呂も独占状態。館内でも従業員以外に客の姿はなく、これもかの事件の影響か?と考えたりもしましたが、おかげで羽を伸ばす事ができました。
b0032444_166202.jpg
大広間での夕食。広い広間に用意されていた食事は3つ・・・結局この日の宿泊客は3人の一人旅の男性だけというなんともうれしさびしい状況。

食事の後、話し好きの仲居さんを相手に、東京で看護士をしている娘さんの話や女手一つで三人の子供を育て上げた半生記、ウトロの今昔物語を聞かせてもらいながらついついお酒がすすんでしまいました。
[PR]
by TAPO2003 | 2010-10-28 16:36 | Motoring Days
<< 3500kmの風景 6 白井晟一 「精神と空間」展 >>



杉並区、浜田山で住宅や別荘などの設計・監理、インテリアや家具のデザインを中心に活動する建築設計事務所です。
by tapo2003
LINKS
カテゴリ
全体
今日の仕事
建築
省エネルギー化計画
旅先の風景
Motoring Days
Bossa Nova
なんとなく
温泉通信
家庭菜園
食道楽
雑貨
山歩き
Cycling
Moblog
音楽
展覧会
最新の記事
国師ヶ岳、奥北千丈岳登山
at 2018-09-20 14:36
スラブコンクリート打設、屋根..
at 2018-09-20 14:01
幸せな時間
at 2018-09-10 16:11
谷村美術館
at 2018-09-10 15:27
アルミニウム製建具製品検査
at 2018-09-10 15:04
鉄骨建方
at 2018-08-10 17:00
竣工写真の現像
at 2018-07-28 17:06
御前崎の住宅
at 2018-05-14 08:16
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧