富岡製糸場
b0032444_9291235.jpg
前回開館前で見学を断念した富岡製糸場を見学してきました。約1万5千坪の広大な敷地に、1872年の創業当時の繰糸所、東西繭倉庫、蒸気釜所、首長館、女工館、検査人館、鉄水溜、下水竇などが残り、国の重要文化財に指定されるとともに、平成19年には世界遺産暫定リストにも加えられています。

順路に沿って、繰糸場内へ。奥行140.4m、間口12.3mの大空間に延々と続く自動製糸機がすごい迫力。12mスパンの瓦屋根を受ける木造トラスの横臥材には、接合部が無く、33cm角の通し柱といい膨大な木材が使われていますが、これらは妙義山や吾妻から運ばれてきたそうです。




b0032444_9294243.jpg
木造の骨組みにレンガ積みの壁を組み合わせた構造形式は独特で、フランドル形式に積まれた膨大な数のレンガは、当時国内では手に入らず、フランス人技師の指導を受けた瓦職人が焼き上げたそうです。

その他、女工館や検査人館は外部からのみの見学ですが、ベランダにある西洋風のファサードに和瓦という折衷洋式に、当時のフランス人技術者と日本人の職人とのやりとりが目に浮かぶようでした。

世界遺産指定に対する地域の期待は相当なようですが、製糸場周辺の街は地方都市の例に漏れず、シャッターの閉まった店舗、虫食い状態の空地が目に付き悲しい状況です。大規模に整備された公共駐車場への帰り道、「はたして製糸場の世界遺産指定が、富岡市の観光地としての再生につながり、そしてこの現状の改善に本当につながるのだろうか?」とぼんやり考えていました。
[PR]
by TAPO2003 | 2009-08-25 10:22 | 旅先の風景
<< 坂倉準三展 北八ヶ岳散策 >>



杉並区、浜田山で住宅や別荘などの設計・監理、インテリアや家具のデザインを中心に活動する建築設計事務所です。
by tapo2003
LINKS
カテゴリ
全体
今日の仕事
建築
省エネルギー化計画
旅先の風景
Motoring Days
Bossa Nova
なんとなく
温泉通信
家庭菜園
食道楽
雑貨
山歩き
Cycling
Moblog
音楽
展覧会
最新の記事
本年最後の現場確認
at 2017-12-28 06:20
外壁の仕上
at 2017-11-29 19:09
構造金物、耐力壁検査
at 2017-10-13 09:08
上棟式
at 2017-09-29 08:16
プレカット工場製品検査
at 2017-09-08 11:35
コンクリート打設
at 2017-09-04 11:39
プレカット工場での打合
at 2017-08-22 11:45
基本設計完了
at 2015-11-14 13:56
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧